2012年07月09日

スカイライト コンサルティング、「第6回 起業チャレンジ」を開催

ウォートン経営戦略シリーズなどでお世話になっているスカイライト コンサルティング第6回起業チャレンジのお知らせです。

スカイライト コンサルティング、「第6回 起業チャレンジ」を開催
?多彩な形式のミーティングを通じて、起業準備・起業・起業後の経営を支援?


スカイライト コンサルティング株式会社(本社:東京都港区赤坂6-3-18、代表取締役:羽物俊樹 以下スカイライト)は、若い世代を対象としたビジネスプランコンテスト「第6回 起業チャレンジ」を開催します。3ヶ月にわたるスタートアップ準備プログラムを含んだビジネスプランコンテストで、サービス利用者の課題解決にフォーカスしてプランを評価します。

スカイライトは、コンテストの入賞者に起業資金として1チーム当り最大300万円を授与し、設立される新会社の株式の15%程度を保有します。さらに、事業の成功に向けてアドバイスや支援を継続的に提供していきます。

1.背景

スカイライトは、2000年の創業以来、「顧客の成功を創造し、顧客と成功体験を共有する」を経営理念に、数多くのプロジェクトを支援してきました。お客様企業の成功のために、新規事業の企画や立ち上げ、既存事業の課題解決など、企画の立案から実現までのあらゆる局面でコンサルティングサービスを提供しております。
スカイライトは、こうした実績や想いを活かし、社会にインパクトを与える若手起業家を発掘し、起業資金とノウハウを提供することによって起業を促し、継続的にアドバイスや支援を提供していきたいと考え、「起業チャレンジ」というビジネスプランコンテストをはじめました。2007年から5回実施してきましたが、入賞したチームはそれぞれ事業を起こし、スカイライトも継続して支援を続けています。

2.コンテストの概要

「第6回 起業チャレンジ」は、「生活者の抱える課題やライフスタイルの変化に対して、独創性の高いソリューションを提供し、スケーラブルな展開により社会にインパクトを与える事業のビジネスプラン」を募集します。2名以上6名以下のチームで、応募者の年齢が20代?30代であり、1年以内に創業する意思のあることが応募の条件です。

「第6回 起業チャレンジ」では、書類による応募を9月30日まで受け付けます。10月にアイデアワークショップを数回行ってアイデアを洗練させ、その後、ショートプレゼンを実施します。ショートプレゼンを通過したチームは、12月の1か月間のスタートアップミーティングで、コンサルタントのレビューのもと、アクションプランや資金計画など、スタートアップに向けた準備を行います。

最終審査は2013年1月に行い、入賞者を決定します。入賞チームは賞金として提供される起業資金をもとに会社設立手続きを行い、事業を立ち上げます。

詳しい募集要項や応募規約、過去の受賞結果については、コンテストの公式Webサイトを参照してください。
ワークショップの体験セミナーも実施します。
http://www.startup-challenge.jp/

3.起業後の支援
スカイライトは設立された企業の株式を15%程度保有し、主要株主として経営に関するアドバイスを行います。スカイライトは、自らが資本政策上支配的な立場をとらず、起業家の意思と判断を尊重することによって起業家がオーナーシップを持つことが、事業の成功に不可欠だと考えています。また、今回の起業資金はスカイライトの自己資金でまかないます。従って、スカイライトの株主としてのスタンスは、他のベンチャーキャピタルと異なり、ファンド出資者など第三者の意向に影響されることはありません。
スカイライトから提供される起業資金は最大でも300万円と比較的少額ですが、これはビジネスモデルを検証するためのプロトタイプを構築するのに必要最低限な資金です。3ヶ月程度をかけてプロトタイプが確認することができれば、さらなる展開に向けて経営資源を投入する必要性が明確になります。
スカイライトは、起業資金のほか、必要に応じてオフィススペースの提供、顧客や取引先の開拓、人材の採用、追加投資のアレンジなど、あらゆる側面から支援を行っていきます。


「第6回 起業チャレンジ」の開催について、スカイライトの代表取締役、羽物俊樹は次のように述べています。
「新しい産業/事業が興ることは、社会全体の発展につながります。その実現のためには、若き起業家たちが自由闊達に活躍することが必要です。「起業チャレンジ」では、若き起業家の卵たちの成長を支援します。アイデアを練り、資金を集め、実際に事業を立ち上げることは、苦しくもあり、楽しくもあることです。起業家は、実際に事業を興し、そんな苦楽を経験することで成長します。「第6回起業チャレンジ」から、有望な起業家が輩出されることを願っています。」


【スカイライト コンサルティング株式会社について】
スカイライト コンサルティングは、経営理念に「顧客の成功を創造し、顧客と成功体験を共有する」を掲げ、ビジネスとITの専門知識を生かして経営課題の解決や新規事業の立ち上げを支援するビジネスコンサルティング会社です。経営情報の可視化とプロジェクト推進力を強みにしており、顧客との信頼関係のもと、機動的かつきめ細かな支援を行います。
顧客のビジネスを成功に導くため、単なる助言にとどまらず、企画から実現、実行まで全てのステージにわたって最適なサービスを提供するのが特徴で、顧客企業の規模は一部上場企業からベンチャー企業まで多岐に渡り、幅広い産業で多数のプロジェクトを成功に導いています。

本社 : 〒107-0052 東京都港区赤坂6-3-18 赤坂パークプラザ
代表者 : 羽物 俊樹 (はぶつ としき)
設立 : 2000年3月
資本金 : 182,000千円
詳細は、ホームページ( http://www.skylight.co.jp/ )をご覧ください。

プレスリリースは→ http://www.skylight.co.jp/files/PR_SKLT_20120701.pdf
詳細は→ http://www.startup-challenge.jp/stup/

スカイライ トコンサルティングの書籍は→ http://www.skylight.co.jp/topics/books.html
posted by gan-chan at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279923074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。