2013年01月16日

アフリカ支援のイベントを開催!アカデミー賞ノミネート作品『魔女と呼ばれた少女』先行上映会のお知らせ

◆『魔女と呼ばれた少女』チャリティ上映会◆

▼日時:1月30日 (水) 19:00〜21:00(18:30開場)▼

【2013年第85回アカデミー賞ノミネート作品!(外国語映画賞)】

アフリカの少女兵がたくましく成長する姿を美しく描いた『魔女と呼ばれた少女』が2013年3月から一般公開されます。

それに先立ち、英治出版で先行上映会を実施します!上映後には、豪華ゲストを迎えてトークショーを開催。
世界の子ども兵の問題や、支援の方法などを語ります。

イベントの収益は、経費をのぞいた全額を元子ども兵を支援するNPO団体テラ・ルネッサンスに寄付します。

▼映画紹介▼
【機関銃をお守りに 命がけの恋をした】

「私はコモナ。14 歳。これから生まれるあなたに、“魔女”と呼ばれたママのすべてを話したい。死と隣り合わせの日々の中で、私は彼と出逢ったの」

平和な水辺の村から拉致され、反政府軍の兵士となったコモナは、死んだはずの人たちに導かれ、全滅必至のゲリラ戦から生還する。
亡霊の見える力が勝利を招き、“魔女”と崇められるコモナだが、殺される運命を悟り、最愛の少年と逃避行の旅に出た――。

《第62回ベルリン国際映画祭<銀熊賞><主演女優賞>受賞》
《バンクーバー映画批評家協会賞2013<作品賞><主演女優賞><助演男優賞>》
《第11回トライベッカ映画祭<作品賞><主演女優賞>受賞》


▼スピーカー▼
【鬼丸昌也(おにまる・まさや)】
特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス創設者・理事。
2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざすNGO「テラ・ルネッサンス」設立。カンボジアでの地雷除去支援・義肢装具士の育成、日本国内での平和理解教育、小型武器の不法取引規制に関するキャンペーン、ウガンダやコンゴでの元・子ども兵の社会復帰支援事業を実施。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は年140回以
上。国内外を問わず精力的な活動を行っている。主な著書に『ぼくは13歳 職業、兵士。』(合同出版)などがある。

鬼丸昌也さんのサイト: http://www.onimaru-masaya.net/
テラ・ルネッサンス: http://www.terra-r.jp/

【根本かおる(ねもと・かおる)】
ジャーナリスト。元国連UNHCR 協会事務局長 神戸市生まれ。
東京大学法学部卒業後、テレビ朝日でアナウンサー、報道記者勤務を経て、米国コロンビア大学大学院で修士号取得。1996年〜2011年末までUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)職員として難民援助の最前線で活動。WFP(国連世界食糧計画)広報官、国連UNHCR協会事務局長を経て、2012年よりジャーナリストとして活動中。
※英治出版サイトにて映画紹介コラム
 「スクリーンの向こうに故郷が見える」連載中
 http://eijipress.co.jp/kaorueiga/


▼詳細▼
◎日時:1月30日(水)19:00〜21:30(18:30開場)
◎会場:EIJI PRESS Lab(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12ピトレスクビル5F)
◎地図:http://eijipress.co.jp/lab/access.php
◎最寄駅:JR山手線恵比寿駅、東京メトロ日比谷線恵比寿駅
◎参加費:1500円
◎申込先:https://ssl.form-mailer.jp/fms/63f4d21d209814
◎定員:30名 ※先着順とさせていただきます。
posted by gan-chan at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。