2013年06月14日

東京おもちゃショーに出展、城郭復元ジオラマシリーズ城ラマ第一弾「三河長篠城」とそのARアプリがスゴイ!!

東京ビッグサイトで開催されている東京おもちゃショー2013 INTERNATIONAL TOKYO TOY SHOW
代表原田の紹介で、このおもちゃショーに出展しているお城ジオラマ復元堂さんのブースを訪ねてきました。
応援の意味を込めて紹介したいと思います。





復元堂さんでは城郭復元ジオラマシリーズとして、「城ラマ」を制作。
その第一弾、三河長篠城がお披露目されていました。







この城ラマ、1/1500の精密スケジュールで城郭ファン(英治出版に2名在籍)待望の「城郭復元」モデルになっています。
いただいたチラシによるとポイントは、


きめ細かに、長篠城の城郭を完全復元!
「城=天守閣」というイメージが強いですが、お城の最大の魅力は地形と郭を上手く組み合わせた、全体性にあります。
「城ラマ」第一弾は戦国の英傑たちを引きつけた三河長篠城を、資料や城郭研究家の監修のもと、細部にわたり復元させました。
中世城郭ファン待望の一品です。

細部までこだわる職人技
当時の建物を復元したのはもちろんですが、門や塀などのパーツもこだわって作りました。
1本の柱を0.5mm以下で表現。職人技です。
ぜひ、あなたの目で確かめてください。

ARアプリ
長篠城の3DCG映像が楽しめるスマートフォンアプリです。
ジオラマでの楽しみ方とは一味違った長篠城をお楽しみいただけます。
高いクオリティの美しい映像を堪能してください。
※現在、iPhone(3GS以降)、iPod touch(第3世代以降)、iPadに対応しております。(iOS4.3以降が必要)

三河長篠城ムック本
城郭復元マイスター二宮博志が、何度も現地を訪れ執筆した長篠城のムック本。
城郭研究家藤井尚夫氏のコラム、脚本家原田裕文氏による短編小説など内容も充実!

元レベッカメンバーによる長篠城オリジナルテーマソングCD
元レベッカの山田貢司氏とshakeこと小暮武彦氏のプロデュースで城ラマのオリジナルテーマソングを作成しました。
長篠城の歴史を音で体感してみてください!


ということ。



価格は、
1/1500三河長篠城(通常版)税込12,600円予定
1/1500三河長篠城(特装版・長篠城古地図付)税込13,650円予定

なかなかのお値段ですが、それだけの価値があります。

そもそも、お城と言えば、姫路城や熊本城、名古屋城などがすぐに思いつくところ。
あらゆるお城グッズでも欠かせぬ定番ですが、今回は三河長篠城という、正直一般的には知名度が低い城郭をチョイス。
今後の予定をお伺いしたところ、これもなかなかマニアなお城の名前が挙がってきました。
なぜこのようなラインナップなのかお伺いしたところ、
「そういう有名どころは他の人がきっとやるから」
と代表の二宮さん。なんの迷いもなくおっしゃっていました。
「好きだからやっている」というその姿勢に頭が下がりました。

ところで、この城ラマのARアプリがスゴイのです。
videre.inc「城ラマ - AR長篠城」
https://itunes.apple.com/jp/app/chengrama-ar-zhang-xiao-cheng/id649293250?mt=8
専用のアプリをダウンロードしてキットに含まれる長篠城の地図にかざすと…



これが



こうなります!!
見事な3DCG。
写真でわかりづらいですが、川はちゃんと流れています。
様々な角度からもみることができます。





ちゃんと人もいます!!
思わず興奮すること間違いなし。

このARアプリはお城ジオラマ復元堂さんのブースに行けば体験できます。
お城マニアは必見。
東京おもちゃショー2013 INTERNATIONAL TOKYO TOY SHOWは、昨日と今日はバイヤーズデイですが、明日明後日は一般公開されています。ぜひ訪れてみてください!!

東京おもちゃショー2013:「城の魅力は地形まで含めた全体性」 長篠城を完全復元、ARも楽しめるジオラマ登場 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1306/14/news025.html





ラベル:城郭
posted by gan-chan at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。