2013年10月09日

10月15日開催、グリーンズ×英治出版「Pass The Book vol.5」。今回の一冊は? #passthebook

いよいよ来週15日開催の「Pass The Book vol.5」。
今日は追加情報としてゲストの松田さん、照屋さんにお持ちいただく本についてのお話をお届けします。
お席にはまだ少し余裕がございますのでぜひ「Pass The Book vol.5」にご参加ください。

───────────────────────────────────
「特別な一冊」に出会うイベント
グリーンズ×英治出版「Pass The Book vol.5」
◆登壇者のお二人に、今回の「一冊」について伺ってきました◆
http://eijipress.co.jp/sp/passthebook/

◆「Pass the Book」とは?

「特別な一冊」に、出会える場を。

「Pass the Book」は、各界でご活躍の方に人生を変えた「大切な一冊」に
ついてお話しいただき、その思いや本の魅力を皆でシェアするイベントです。

語り尽くした後には、語り手の方が思いを込めて
その本を参加者の一人に「パス」。
選ばれた方がその大切な一冊を受け継ぎます。

贈り手から受け手へ。

そこにいた誰にとっても「特別な一冊」に出会えるような場をつくりたい。
そんな願いから生まれたイベントです。

今回のテーマは、「次世代リーダーに必要な一冊」!


【登壇者インタビュー】
今回受け継ぐのはどんな一冊か、お二人に伺ってきました。
もちろん書名は当日のお楽しみに伏せておきますが、
どのような思いが込められているのか、ご紹介したいと思います。

◆松田さん
実は、普段あまり本を読まないんです。というのも、だいたいどの本でも
伝えたいメッセージは似ているからです。そのかわり、「これは!」という
一冊に出会ったら、じっくり時間をかけて何度も読み返します。今回ご紹介する
本もその一冊です。

私が起業したあとにたまたま手に取ったもので、まさに組織におけるリーダー
の役割を明確に示してくれた本でした。この本は著者の理論をストーリー形式
にしたものなのですが、当時の私は「あ、この主人公はまさに自分だ!」と思
って、著者の理論がすごく腑に落ちたんです。

実はこの著者の理論はハーバード留学中に学んでいたのですが、そのときはま
ったくピンとこなったんですね(笑)。理論だけだと、身につかない。
起業してから実感したのは、理論と実践のかけあいが重要だということです。
そのことはTeach For Japanにおける教師の育成にも活かしています。ストー
リー形式なので難しい話は一切なくて読みやすく、エッセンスが詰まった一冊
です!

+++++++

◆照屋さんインタビュー
この本に出会ったのは起業後、「この先どうすればいいかわからない!」と悩
んでいたときでした。モンゴルの孤児院の窮地を救いたいという一心で学業を
中断して起業したので色々なことが手探りの状態でした。
友人に起業の悩みを打ち明けていたとき、私にぴったりだと思うと言って、こ
の本にある一言を読んでくれたのです。それを聞いて、「ああ、前に進めばい
いんだ」とふっきれました。

それからその著者にはまって、いま何冊も持ってます(笑)
その著者に教えてもらったのは、もっと欲望に忠実になっていいんだ、という
こと。「これがやりたい!」と素直に口にすることって、日本ではなかなか言
いにくいと思うんです。色々なことを我慢することが美徳、と思われている節
もあって。
でも、自分の欲に忠実になればもっと楽になれるし、私も(辛いことがあって
も)いますごく楽しく、幸せだと感じています。
その著者に出会ってなかったら、いまの私はなかったと思います。

+++++++


▼「Pass the Book Vol.5」本の贈り手▼

【松田悠介(まつだ・ゆうすけ)さん】
日本大学卒業後、体育科教師として中学校に勤務。体育を英語で教えるSports
Englishのカリキュラムを立案。その後、千葉県市川市教育委員会教育政策課
分析官を経て、ハーバード教育大学院修士課程(教育リーダーシップ専攻)
へ進学し、修士号を取得。卒業後、外資系コンサルティングファームPricewat
erhouseCoopersにて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。Learning for Al
l代表、Teach For Japanの創設者兼CEOとして現在に至る。世界経済会議Glob
al Shapers Communityメンバー。経済産業省「キャリア教育の内容の充実と
普及に関する調査委員会」委員。著書に『グーグル、ディズニーよりも働きた
い「教室」』(ダイヤモンド社)。

Teach For Japan
http://teachforjapan.org/

貧困の連鎖から学びの連鎖へ。子どもに学びの機会を設けながら
次世代のリーダーも育成する「Teach For Japan」(greenz.jp)
http://greenz.jp/2012/05/18/teach_for_japan/


【照屋朋子(てるや・ともこ)さん】
早稲田大学法学部国際関係コース卒業、上智大学法科大学院卒業。法務博士。
大学時代にモンゴルの孤児院「太陽の子ども達」と出会い、単身でモンゴル中
の孤児院やマンホールを歩いてまわる。JICA中国企業法・経済法整備支援プロ
ジェクトに従事。
モンゴルの孤児院にて「自己肯定感」「自己実現」に焦点をあてたサポート活
動を行う。2011年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選出する日本の
若手リーダー30人に選ばれる。

NGOユイマール
http://yuimar.org/

元マンホールチルドレンが最難関大学に次々合格!100%の就職
率を誇る奇跡の孤児院「ゆいまーるハミングバーズ」(greenz.jp)
http://greenz.jp/2012/06/09/yuimar/


▼イベント詳細▼
◎日時:2013年10月15日(火) 19:00から21:00(18:30開場)
◎会場:EIJI PRESS Lab
(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12ピトレスクビル5F)
◎最寄駅:JR山手線恵比寿駅、東京メトロ日比谷線恵比寿駅
◎アクセス:http://eijipress.co.jp/lab/access.php
◎定員:約30名(先着順とさせていただきます)
◎参加費:2000円(スナック、お飲物をご用意しております)
◎主催:英治出版:http://www.eijipress.co.jp/
◎企画協力:NPOグリーンズ:http://greenz.jp/
◎申込はこちらからどうぞ:http://eijipress.co.jp/sp/passthebook/


▼過去の「Pass the Book」の様子はこちらからご覧いただけます!▼

[vol.1 イベントの様子]
http://www.eijipress.co.jp/blog/2012/09/13/13290/

[vol.2 イベントの様子]
http://www.eijipress.co.jp/blog/2012/11/27/14140/

[vol.3 イベントの様子]
http://www.eijipress.co.jp/blog/2013/05/16/15431/

[vol.4 イベントの様子]
http://www.eijipress.co.jp/blog/2013/07/25/15954/
posted by gan-chan at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Books & Publish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377035962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。