2013年10月18日

『なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践』発売&読者モニター募集のご案内

◆新刊発売のご案内◆

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
 ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著] 池村 千秋[訳]
 http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2154

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践 [単行本] / ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー (著); 池村千秋 (翻訳); 英治出版 (刊)

必要だとわかっていても
85%の人が行動すら起こさない――?

「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す!
発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。

『なぜ会社は変われないのか』
『どうやって社員が会社を変えたのか』著者
柴田昌治氏 推薦!!

+++++

本書で提示される「免疫マップ」とは、「変わりたくても変われない」という心理的なジレンマの深層を掘り起し、変化に対して自分を守ろうとしているメカニズムを解き明かす手法です。

著者たちは、変革が進まないのは「意志」が弱いからではなく、「変化⇔防御」という拮抗状態を解消できないからだと説きます。

単純な理論の展開だけではなく、長年の経験で培った実践的手法を紹介。
企業の経営陣やプロジェクトチーム、政府機関、教育機関など、さまざまな個人と組織の変革を導いた豊富な事例が詰まった一冊です。


[目次]
序章 個人や組織は本当に変われるのか?

■第1部 “変われない”本当の理由
第1章 人の知性に関する新事実
第2章 問題をあぶり出す免疫マップ
第3章 組織の「不安」に向き合う

■第2部 変革に成功した人たち
第4章 さまざまな組織が抱える悩み――集団レベルの変革物語
第5章 なぜ部下に任せられないのか?――個人レベルの変革物語(1)
第6章 自分を抑えることができるか?――個人レベルの変革物語(2)
第7章 うまくコミュニケーションが取れないチーム
    ――集団を変革するために、個人レベルで自己変革に取り組む物語

■第3部 変革を実践するプロセス
第8章 変わるために必要な3つの要素
第9章 診断――「変われない原因」を突き止める
第10章 克服――新しい知性を手に入れる
第11章 組織を変える

終章 成長を促すリーダーシップ
刊行によせて


定価:本体2,500円+税 A5判ハードカバー 本文440ページ
ISBN978-4-86276-154-5 10月24日頃発売

[著者]
ロバート・キーガン Robert Kegan
ハーバード大学教育学大学院教授(成人学習・職業発達論)。30年あまりの研究・執筆活動を通じて、人が成人以降も心理面で成長し続けることは可能であり、現代社会のニーズにこたえるためにもそれが不可欠であるという認識を広めてきた。授与された名誉学位や賞は多数。

リサ・ラスコウ・レイヒー Lisa Laskow Lahey
ハーバード大学教育学大学院「変革リーダーシップ・グループ」研究責任者。専門は発達心理学。教育者としての経験も長く、大人の意味体系の評価法として世界中で用いられている発達診断法を開発した研究チームのリーダーも務めた。チームが個人の成長を後押しし、同時に個人がチームを適切に機能させるために貢献できるようにする方法論をテーマに、執筆と実務をおこなっている。

[訳者]
池村 千秋(いけむら・ちあき)
翻訳者。訳書に、『倫理の死角ーなぜ人と企業は判断を誤るのか』(NTT出版)、『ディープ・チェンジ 組織変革のための自己変革』(海と月社)、『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図』(プレジデント社)、『マネジャーの実像 「管理職」はなぜ仕事に追われているのか』(日経BP社)などがある。

───────────────────────────────────
◆読者モニターの募集◆

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
の読者モニターを募集いたします!
レビューを書いてくださる人には本書を無料で贈呈!(抽選で5名様)

▽ご応募はこちらから(英治出版オンラインストア内)
http://www.eijipress.co.jp/store/monitor.php

[応募方法]
英治出版オンラインストアで会員ログイン後、対象書籍を選択し、通常の購入時と同様に、カートに入れて「購入」手続を行ってください。

※応募対象書籍の販売価格は0円として表示されます。
 0円での購入をもって応募手続となります。

※決済方法は「銀行振込」をご指定ください。

[応募締切]
2013年10月20日(日)23時59分

[抽選結果]
応募締切の翌営業日に厳正な抽選を行い、当選者の方にメールにて結果をお知らせします。

[Amazonカスタマーレビュー掲載・連絡]
当選された方には商品をお送りいたします。商品到着後、2週間以内にAmazon.co.jpの書籍ページ( http://www.amazon.co.jp/dp/4862761542 )に「カスタマーレビュー(書評)」を投稿してください。レビューの末尾には、任意のレビュー内容であることを示す文言を追記ください。
(例:「私は英治出版の読者モニタープログラムにより無料で書籍を受け取りました。良い評価を書くよう促されてはおらず、レビューはあくまでも個人としての見解です。」)
投稿後、お名前とレビューの内容を弊社までメールでお知らせください。

[注意事項]
※当選は先着順ではございません。
※同時に複数商品のモニターにご応募いただくことはできません。
※過去にモニターとして選ばれた方もご応募いただけますが、カスタマーレビュー未掲載の場合、抽選対象から除外させていただきます。
※抽選結果についてのお問い合わせにはお答えできません。
※Amazon.co.jpにレビューを投稿するには、一度でもAmazon.co.jpで商品を購入する必要があります。本モニター募集ではレビューを投稿できる方を対象としておりますので、いま一度のご確認をお願いいたします。
※お寄せいただいたレビューの文言は、弊社の販促物・Webサイト・ブログなどPR用に利用させていただくこともございますので予めご了承ください。
posted by gan-chan at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Books & Publish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377881114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。